【SNS運用】フォロワーを着実に増やし続けるSNS運用担当者が心掛けていること3選


クライアント様からSNS運用についてご相談を受けることがあります。


「フォロワー増やしたけどこの後どうすればいいのかわからない」

「新しいフォロワーが増えたことで、発信内容を変えていった方がいいのか」

「運用を始めたばかりで何から着手したらいいかわからない」


など、課題は実に様々。


業界や業種によって多種多様なやり方があるかとは思いますが、フォロワーを着実に増やし続けているクライアント様は一体どのようなお取組みをされているのでしょうか。


今回は、フォロワーを着実に増やし続けているSNS運用ご担当者が普段心掛けている取り組みの一部をご紹介したいと思います。


なお、業種・業界によってご意見分かれるため、ここでは汎用的な内容、情報に留めておりますので参考の一助としてご覧ください。





[check]



過剰な投稿は控える


これはすでに多くのSNS運用担当の方がご認識かと思いますが、過剰な投稿を控えるのはもはや大前提として運用に取り組まれているところが大半でした。


特にキャンペーン後はフォロワーも増えてやる気満々になるかもしれませんが、あまりにも多くの投稿をしてしまうと、一つひとつのツイートの価値が薄れてしまい、フォロワーにとって逆に迷惑になってしまうことも。


もし同日に複数のツイートをするのであれば、間隔を空けて投稿するなど工夫してみるのもいいかもしれません。



「フォロワーにとって」最適なタイミング、必要な情報を


投稿タイミングやその内容についても多くのクライアント様に見られた重要な要素となっています。


「集客や販促が最大効果を得られている投稿タイミングはいつなのか」を都度分析していくことで、投稿タイミングと情報を最適化されているようです。


また、フォロワーが必要とする情報は何かを的確に把握し、それ以外の情報発信は極力しないよう投稿内容を精査しているといった声も多くあります。


フォロワーが必要としていない情報を繰り返し投稿してしまうと、フォロワーが減少してしまう傾向もあり、予め方針やレギュレーションを定めているといったケースもありました。


これからSNS運用に取り組まれる場合は、まずはどのような投稿にコメントが寄せられ、どれだけのエンゲージメントがあり、フォロワーの数にどういった変化があるのか傾向を知るところから始めるのが良さそうです。


定期的にキャンペーンを実施している


SNSキャンペーンを実施された後の「離脱率」を次回実施検討の一つとして分析されているクライアント様も多くいらっしゃいます。


キャンペーン終了から一定間隔の離脱率を分析し、どのくらいの間隔で次回キャンペーンを実施すればよいかというものです。


ちなみに「BUZZGIFT」調べでは、キャンペーン終了から一週間で減ったフォロワーは平均7%(2021年11月時点)だったことがわかりました。

※キャンペーン終了後一週間の自然流入分は相殺して算出。


何度かキャンペーンを実施していくと、どのくらいの間隔でどれだけのフォロワーが増減しているのか傾向性がわかるため、次回キャンペーン実施の参考値になるようです。



今回は、「フォロワーを着実に増やし続けるSNS運用担当者が心掛けていること」についてクライアント様のお取組みを一部紹介させていただきました。



こちらの関連記事もご参考ください。

【インスタントウィン】キャンペーン実施前にチェックしておきたいポイント3選

【インスタントウィン】キャンペーン実施後にチェックしておきたいポイント2選


 

「BUZZGIFT」ではキャンペーンの目的に合わせて、実績を基にご提案させていただきます。


インスタントウィンなどご不明点ございましたらお気軽にご相談ください。


お問い合わせはこちら

タグ:

お気軽にご質問・ご相談ください

オンライン面談

icon-tele.png

お問い合わせ

icon-mail.png

資料ダウンロード

icon-doc.png