【インスタントウィン】キャンペーン実施前にチェックしておきたいポイント3選

更新日:2021年11月29日


公式Twitterのフォロワーを増やしたり、短期集中で宣伝を行うのに効果的な手法の一つとして、インスタントウィンキャンペーンがあります。


いまではSNS運用担当者にとってはすっかり有名なSNSキャンペーンではありますが、手軽に実施できるインスタントウィンだからこそ、実施前にチェックしておきたい3つのポイントを紹介いたします。


特に「これからインスタントウィンを始める、始めたばかり」といったSNS運用担当の方はぜひご覧ください。




[check]



キャンペーンの目的は「何」か?


マーケティングにおいてキャンペーンや宣伝など、その施策が何を目的としているかで見るべきポイントも変わってきます。


検討中のインスタントウィンに、何を期待するのか明確になっているかチェックしてみましょう。


例えば

・キャンペーンを実施して、フォロワーを増やしたい。

・キャンペーンを実施して、売上の向上や販促につなげたい。

・キャンペーンを通じて、自社商品・サービスなどの認知を拡大したい。

・キャンペーンを通じて、フォロワーの反応や意見などの定性情報を収集したい。

・キャンペーンを通じて、アプリのダウンロードを増やしたい。


など、一言でインスタントウィンといっても、目的は様々。


結果、「良かったのか、悪かったのかよくわからなかった」で終わらせてしまうのはもったいないですよね。


漠然として実施するよりも、明確な目的を決めて実施することで結果の見え方も変わってきます。


目的に合わせたキャンペーン内容になっているかを、ぜひチェックしてみることをお奨めします。



キャンペーンのターゲットは「誰」か


SNSを通じてキャンペーンを実施する際、ついつい当選商品やフォロワーの目標数に目が行ってしまいがちですが、キャンペーン内容に注目してほしいターゲット(フォロワーになってほしい年齢層や属性など)も大切です。


現状のフォロワーの属性と近しい層に訴求するか、それともできるだけ幅広い層にキャンペーンを知ってほしいのかで当選商品も考慮する必要があります。


ターゲット層をある程度明確にすることで、キャンペーンを通じてターゲットにどのようなアクションを期待するのかイメージしやすくなります。


とはいえ「ピンポイント過ぎて誰にも振り向いてもらえなかった」といったことにならないよう、現在のフォロワー属性や顧客のデモグラフィックデータを参考にするのも一つの手です。



◆キャンペーンの当選商品は「最適」か


当選商品はキャンペーン参加者にとって大変重要な要素となります。


当選商品がそもそも魅力的でないと話題にならなかったり、注目されづらかったりと何が最適なのかを十分考慮する必要があります。


幅広い年齢層に好評なデジタルギフトも、対応種類が少なかったり、商品やクーポンも参加者にとってニーズがなければキャンペーン参加者も伸び悩みがち。


自社のキャンペーンが埋もれないよう、オリジナリティのある当選商品や、デジタルギフトもインパクトのある数値として金額設定するなど、他社のキャンペーンとの差別化を図るのも注目されやすいポイントとなります。


キャンペーン実施毎に当選商品を変えて、フォロワーの反応を見ながら最適化していくのも有効です。



以上、今回は「インスタントウィンキャンペーン実施前にチェックしておきたいポイント」について触れてみました。


他には「上司の機嫌もチェックリストに入れてます!」といったお声もありましたが、参考の一つとしてぜひチェックしてみてください。


 

「BUZZGIFT」ではご状況や予算に合わせて、施策前からのご提案も可能です。


デジタルギフトも6,000種に対応しており、当選商品を複数にしても価格は無料です。


「これからインスタントウィンを始めたい」

「何から始めればよいかわからない」


など、お困りなことがあればご相談承ります。


お問い合わせはこちら

お気軽にご質問・ご相談ください

オンライン面談

icon-tele.png

お問い合わせ

icon-mail.png

資料ダウンロード

icon-doc.png